開業医の節税の金額で自費出版は簡単にクリアできる

本を出版するには出版社が声をかけてくれない限り、
自費出版となりますからかなりの費用がかかってしまうものです。
それでも世の中に広めたい情報があるという時には、
個人出版という選択肢もあるわけですが開業医の場合であれば、
節税をした金額だけで十分にそれだけに費用を捻出することができるので、
税金を払ったと思って出版をしてみるという手もあります。
もちろん、開業医といっても様々ですから赤字であれば節税も何もありませんが、
逆に節税をすることができるレベルに収益があるのであれば、
出版費用ぐらいはなんてことはないものです。
そのようなことを考えると、開業医の節税というのは
可能性を広げることができるものだけに、
真剣に考える必要があるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.