交通事故の訴訟や後遺症に関しての出版物を見て

最近、様々なジャンルの本に関して勉強するようになった中で
気になったジャンルというかくくりに弁護士さんが出版している本。
身近な出来事のちょっとした法律知識や
交通事故の慰謝料請求や訴訟に関して書かれているような
あるジャンルに特化して弁護士さんが書いている本など、
様々な切り口で意外にも多くの弁護士さんが本を出版されている。
ちょっと思ったのだが、たしか弁護士さんってあまりおおっぴらに
広告とかしちゃいけないような気がしたんですが、
本の出版とかはセーフなんですかね!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.